法政大学の滑り止めはどこを選ぶ?文理・私立国公立別におすすめ校紹介

法政大学を第一志望にする場合、より確実な合格可能性があり、万が一入学することになっても納得できる滑り止め校を決めておく必要があります。

チャレンジ校ばかり受験して全滅してしまったり、レベルの低い大学ばかり受験して法政大学に合格できなかった場合の落差が大きくなったりしないよう、作戦を練っておきましょう。

今回は、法政大学の滑り止めにおすすめの大学を紹介します。

併願校を決めるポイントにも触れるので、ご参考ください。

法政大学文系志望の受験生におすすめの滑り止め大学

明治大学

明治大学も、法政大学と同じくMARCHに属する大学です。

MARCHトップレベルの大学として有名なので、チャレンジ校のひとつとして捉えておくのがよいでしょう。

ただし、安全に合格できる滑り止めを希望している人には向きません。

あくまでも同程度の大学に挑戦したい人向きであることを覚えておく必要がありそうです。

関西学院大学

関西学院大学は、関西を代表する難関私立大学群「関関同立」に含まれる大学です。

関西圏の大学ではありますが、もし関西での暮らしを希望するのであれば十分検討してよいでしょう。

おしゃれで都会的なキャンパスが有名で、キャンパスライフも充実しています。

明治学院大学

明治学院大学は、MARCHと日東駒専の間の難易度である大学です。

「法政大学にチャレンジしたいけど滑り止めを日東駒専レベルにまで下げてしまうのは心配」という人におすすめです。

ただし、明治学院大学は「キリスト教による人格教育」を建学の精神としており、法政大学とは全く異なる学風であることに注意が必要です。

あらかじめオープンキャンパスに参加するなどして、大学の雰囲気を理解しておきましょう。

國學院大學

國學院大学も、MARCHと日東駒専の間の難易度である大学です。

渋谷という都心の中心地にキャンパスがあるのでアクセスがよく、キャンパスライフが充実しています。

神道系の大学として有名であり、日本文学・日本文化の学びに強い大学でもあります。

日本古来の芸術を学びたい方や、アニメーションなど世界に誇る日本のエンターテインメント文化を学びたい方におすすめです。

日本大学

日本大学は「日東駒専」に属する大学であり、日本を代表するマンモス大学でもあります。

定員数が非常に多く、文系学部・理系学部・医歯薬学部まで幅広く取り揃えながら学部・学科ごとに専門性を細分化していることが特徴なので、自分が興味のある学部を見つけられるでしょう。

法政大学を第一志望にする人にとっては安全圏でもあり、併願しやすいことも特徴です。

法政大学理系志望の受験生におすすめの滑り止め大学

法政大学には多数の理系学部があり、文系学部とは別の滑り止め大学を選定する方が多いです。下記を参考に、理系学部のある代表的な大学を調査していきましょう。

日東駒専

日東駒専は、関東を代表する中堅大学の総称です。

具体的には下記の4大学を総称する言葉なので、覚えておくとよいでしょう。

・日本大学

・東洋大学

・駒澤大学

・専修大学

ただし、設置学部は大学ごとに異なるので注意が必要です。

駒澤大学の理系学部として設置されているのは、グローバル・メディア・スタディーズ学部のみです。

幅広い領域を取り扱いながらグループディスカッション式で授業が進行する双方向型授業であることが特徴であり、コミュニケーション能力を伸ばせます。

専修大学の理系学部は、ネットワーク情報学部のみです。

その名の通りネットワーク情報について学ぶ学部であり、学生同士でひとつのプロジェクトを立ち上げて1年単位で完走を目指します。

エンジニア志望者が多く、チームビルディングやパフォーマンス最大化を学べるのでビジネスシーンとの相性が抜群です。

東洋大学には、ライフデザイン学部・食環境科学部・理工学部・生命科学部・総合情報学部

情報連携学部など多彩な理系学部が設置されています。

法政大学と同じようなバリエーションがあるので興味・関心に合わせて志望学部を選定しやすく、研究施設も充実しています。

日本大学には、文理学部・工学部・生産工学部・理工学部・生物資源科学部・危機管理学部が設置されています。

ただし、文理学部はその名の通り文理融合学部であり、文系学部にも理系学部にも属しません。

学部の分類に左右されないトータルでの学習をしたい人におすすめです。

四工大

四工大とは、東京都内にある4つの理系大学の総称です。

具体的には下記の4大学を総称する言葉なので、覚えておくとよいでしょう。

・芝浦工業大学

・東京電機大学

・東京都市大学

・工学院大学

それぞれ文系学部はひとつも設置されておらず、理系学部に特化していることが特徴です。

男女比の偏りがありますが、IT・Web・メーカー・製薬・バイオなど多彩な就職実績があり、学んだことを将来に直結できるのがメリットです。

どの大学も研究室に力を入れており、研究室経由で就職先が決まる学生も多いです。

また、四工大はそれぞれの大学の学部生が相互に大学院の修士課程を履修できる「徳悦推薦入試制度」があるので、興味のある人は活用していきましょう。

滑り止め大学を選ぶ際のポイント

滑り止めは第一志望の「-5~10の偏差値」が狙いめ

倍率が比較的低く、合格しやすい大学を選ぶのも大切です。

受験期間中は疲れやストレスが溜まりやすく、普段だったら気にせずにいられることも気にしてしまう人が多いです。

倍率が高く競争率のある大学ばかり併願してしまうと、万が一全て不合格になったときの心理状態が不安定になってしまいます。

後のない緊迫した状態で第一志望に臨むしかなく、いつも通りの集中力を発揮できなくなるかもしれません。

もちろん第一志望に不合格だった場合は併願大学に進学することも想定し、ある程度納得できる志望度の高い大学を優先するのがセオリーです。

しかし、合格可能性についても同時に目を光らせ、無理のない併願を組んでいきましょう。

志望する学部に近い系統がある大学を選ぶ

志望する学部に近い系統の学部がある大学を選定し、万が一第二志望以降の大学に入学せざるを得なくなった場合の満足度を重視することも大切です。

「合格さえできればどこでもよい」という考え方で併願校を選んでしまうと、入学した時の不満が強くなります。

「本当はこの大学に入学するはずではなかったのに」「学びたい内容ではないことばかり学んでいて身が入らない」など後悔することも増え、学歴コンプレックスをこじらせる原因となってしまうケースも少なくないのです。

反対に、興味のある分野について学べる学部であれば、第二志望以降でも満足のいく学生生活を送れるかもしれません。

偏差値や模試結果を基準に大学を選定する

偏差値や模試の結果を基準に、併願大学を選定するのもポイントです。

例えば法政大学の場合、同じMARCHに属する明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学などが候補として上がります。

関西圏であれば、関関同立として名高い関西学院大学・関西大学・同志社大学・立命館大学を検討する人が多いでしょう。

また、より確実に合格できる安全牌として受験したい場合、関東圏における日東駒専(日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学)に焦点を当てることもおすすめです。

全滅して浪人することを防ぎたい現役合格希望者は、模試の結果を見ながら合格判定の高い大学を優先して受験することがポイントとなります。

また、受験科目数によっては国公立大学と併願することも可能です。

大学入学共通テストと私立大学の一般試験との日程が被ることはほとんどありませんが、二次試験に限っては必ずスケジュールをチェックしてダブルブッキングが起きないよう対策していきましょう。

志望校の日程を最優先に受験可能な大学を選択する

まずは、第一志望校の日程を最優先にしてスケジュールを埋めていくのがおすすめです。

1学部1回限りの受験日程しか設けていない大学は少なく、ほとんどの大学で1学部を複数回受験できるようになっています。

例えば法政大学の法学部を第一志望にする場合、大学入学共通テスト利用入試と一般入試と英語外部試験利用方式と…というように、受験できる最大のチャンス分の日程は空けておくとよいでしょう。

先の受験日程で合格できた場合、それ以降の受験はしてもしなくてもよいことになります。

スケジュールを第一志望校で埋めて以降、併願学部・併願大学を決定します。

第一条件は「試験日程が被らないこと」となるので、同じ日に複数回の受験をする場合は移動時間なども加味しながら余裕のあるスケジュールになるよう調整していきましょう。

試験科目・内容で追加勉強なく受験可能なものから選ぶ

次に、試験科目・内容を見て受験可能な学部・大学を選定します。

例えば現代文・古文・英語・日本史で第一志望を受験するにも関わらず、第二志望が英語・数学・理科の受験が必須な場合、5教科6科目の対策が必要になってしまいます。

反対に、第二志望も第一志望と同じく、最大でも現代文・古文・英語・日本史受験ができる大学にしておけば、対策に手間取られることもありません。

もしくは、英語と現代文だけで受験可能、など受験科目数を減らす方向性で調整するのが無難です。

特に、国語科目における古文および漢文の扱いには注意しておきましょう。

第一志望は漢文がいらないのに第二志望で漢文がいる場合、上記の例と同じく1科目増やした対策が求められてしまいます。

入学や通学が可能な範囲で選ぶ

次に、試験科目・内容を見て受験可能な学部・大学を選定します。

例えば現代文・古文・英語・日本史で第一志望を受験するにも関わらず、第二志望が英語・数学・理科の受験が必須な場合、5教科6科目の対策が必要になってしまいます。

反対に、第二志望も第一志望と同じく、最大でも現代文・古文・英語・日本史受験ができる大学にしておけば、対策に手間取られることもありません。

もしくは、英語と現代文だけで受験可能、など受験科目数を減らす方向性で調整するのが無難です。

特に、国語科目における古文および漢文の扱いには注意しておきましょう。

第一志望は漢文がいらないのに第二志望で漢文がいる場合、上記の例と同じく1科目増やした対策が求められてしまいます。

まとめ

法政大学受験の際は、無理なく合格できる範囲の大学を併願に据えておく必要があります。

今回紹介した内容を参考に、第二志望を慎重に検討していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

選ばれる理由
定員制、逆転特化
FAST-UP法政塾とは

Y.O君

4261

偏差値19up

高2からの通塾で
法政に逆転合格

僕は高2の夏ごろに、受験に対する焦りから、FAST-UPに入塾しました。印象的なのは、毎週、勉強法についての面談を行い、より効率の良い方法を見つけていったことです。これにより、秋ごろから成績が急上昇し、高3に入るころにはB判定が出るレベルに成長できました。高2からライバルに差をつけたい人にはお勧めの塾だと思います。

H.I君

5167

偏差値28up

志望校を上げて
早稲田に逆転合格

高3の春に、MARCH志望でFAST-UPに入塾したのですが、入塾から2ヵ月ほどで予想以上に偏差値が上がったため、第一志望を早稲田に変更しました。そこからの学習で驚いたのは、個別講義にて早稲田特化の授業をしてくださったことです。これにより、常に早稲田の傾向やレベルを意識しながら学習に取り組むことができました。FAST-UPのメソッドで学習すれば、志望校を上げることも可能だと思います。

M.U君

4869

偏差値21up

浪人で
慶應義塾大学に合格

僕は浪人生としてFAST-UPにお世話になりました。浪人生はやる気を保つのが難しいという課題がありますが、FAST-UPでは、僕のやる気を引き出すようなアプローチをしてくれたので、むしろ現役時よりも多く勉強できました。印象的なのは、質問対応の速さです。僕自身、わからないことがあるとやる気が下がってしまうことが多かったのですが、すぐに疑問を解決することで、多くの学習量を確保できたんだと思います。

まずは無料相談